ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

一人暮らしの食費節約は、自炊して外食を減らすこと

更新日:

後ろ姿の女性

一人暮らしの平均的な食費は2万〜3万円といわれています。

学生で2万円前後、社会人で3万円前後が一般的な食費となっているようで、合算すると一人暮らしの平均食費は2万5000円が目安と考えていいでしょう。

ずばり食費を減らすカギは自炊にあります。

 

外食とスーパーで安い食材を購入して自身で調理する自炊を比較すると、年間に10万円以上も出費する金額が変わってきます。

ただ、友人との付き合いもありますので、外食を無くすのではなく減らすという考え方を持つと、ストレスなく食費を減らすことができます。

今回は、生活の基盤を作る食事に関して、食費を減らしながらも健康的な食生活となるように、外食と自炊の関係性について紹介していきます。

 

外食を控えて自炊する

一人暮らしの特権として、自分の好きなものを食べることができるという点があります。

ただし、これは食生活が偏る原因でもあり、食費がかさんでしまうということにもなりかねません。

比較的安価なチェーン店などで食事をしても、外食1回当たりの金額が1000円を超えることは良くあります。

なんだかんだ月単位で見ると、外食だけで3万円近くなってしまいます。

 

そこで、食費を浮かせるために自炊が重要となります。

米、おかず、飲料水など家に完備しておくことで、1食あたり300円程度に抑えられます。

外食に比べて1/3程度に抑えることが可能です。

 

一人暮らしの自炊1食あたりの金額は250円前後なので、この金額で生活できればとても経済的ですね。

 

自炊の王道は、まず米です。

米を炊いておけば、納豆、卵、梅干しなど、安価で栄養価の高い食品と合わせると美味しいですし、慣れてくると自然と食べたくなったりします。

 

炊飯器でまとめてご飯を炊いて冷凍保存

お米は精米されたものとして袋詰めされたものが、2kg、3kg、5kg、10kgが一般的に市販されています。

ごはん1杯分が約150gで、ご飯2半分でだいたい1合と考えると分かりやすいです。

一人暮らしでは、1か月5kgあれば毎日1杯分のご飯は食べられると思います。

だいたい月に3000円と考えておくといいでしょう。

 

1日3食すべてを家で米を食べる機会は少ないと思いますので、5kgあれば少し余るのかなという程度ですね。

便利な食べ方としては、一般的な3合炊き、5合炊きの炊飯器で目いっぱい炊ける分だけ炊いておいて、冷凍保存することです。

朝でも夜でも好きな時にレンジでチンすればご飯が食べられますし、炊き立ての暖かいままのご飯を冷凍しておくことで、炊き立てに近い味で食べることが可能です。

 

冷凍アイスは良く賞味期限がないと言われますが、冷凍したお米は1か月程度を目安に食べきると良いでしょう。

期間を置きすぎるとお米に酸味が出ますので、最悪の場合お腹を壊す恐れがあるのでその点は注意が必要です。

 

食費を抑えるための考え方とは?

一人暮らしの食費の大部分を占めるのが外食です。

会社の飲み会や行事に関しては、食費と切り分けて交際費と考え、その他の外食をできるだけ控えることがカギとなります。

自炊に慣れると、朝と夜のご飯は家で効率よく自炊した食事をとれますが、意外とお財布の紐が緩くなるのは昼の食事です。

友人や同僚とランチに行って1食500円で安く感じるかもしれませんが、自炊に比べると1食分の金額は高めです。

シビアに食費を管理したいという方は、ランチも控えて、おにぎりやお弁当を持参するのが良いでしょう。

 

スーパーの特売日には冷凍食品を半額で買えますし、簡易的でもお弁当を作りたい場合には、自宅に冷凍しているお米を朝のうちに解凍しておけば、弁当箱に詰めるだけでOKです。

詰めるのが面倒であれば、サランラップに包んで好みの具材を入れればほんの数分でおにぎりを作ることだって可能です。

 

「手間を考えると500円のランチに行ったほうが安いのでは?」と考えてしまいがちですが、これも月単位で見ると圧倒的に自炊したほうが安上がりです。

 

まとめ

一人暮らしでも外食を減らして自炊を増やせば食費を節約できることを書きましたが、いかがでしたでしょうか?

今まで自炊をしたことがなかった方にはとても大変なことですが、実は慣れれば簡単ですし楽しく感じられる部分でもあります。

自宅で自分用の食事を作りますので、好みの味付けを付けることができますし、確実に料理も上達します。

 

お米を炊いて冷蔵庫にストックしておくと、24時間いつでも小腹が空いたときにお米を食べることができるだけでなく、帰宅時の食事の準備も負担が少ないのでおすすめです。

自炊が楽しく感じられるようになると、次の段階としてカレーやシチュー、煮物などに挑戦していくと面白いかもしれません。

数日にわたって保存できる食材ですので、カレーなどは1度に作る量を多めにしていくと、より経済的な自炊になりますね。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大9.9万円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2019 AllRights Reserved.