ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

一人暮らしスタートの流れ

更新日:

不思議でしょうがない女性

新生活をスタートさせる際には、今まで訪れたことのない土地での生活と新居での生活に心が踊るものですが、最初が重要です。

しっかり準備したうえで生活をしていかなければ、せっかくの新生活もつまらないものになってしまいます。

  • 選んだ部屋が駅から遠すぎて毎日の通勤通学が大変。
  • 思っていた部屋の間取りとは違い生活が楽しくない。

など、思い描いていた生活と大きな違いがでると後悔することになります。

自身の理想を最優先にしながらも、実際の予算と現実的な目線で計画を立てていく必要があるでしょう。

今回は、失敗しない部屋探しと引越し、必要な家具家電にスポットをあてて実際に準備しなければいけない事項についてアドバイスしていきます。

 

部屋探しをはじめる

「リビングが広い家に住みたい」「ベランダがある家がいい」「オール電化の家がいい」など、理想を挙げるとキリがなく、なかなか住み始める物件を決めることができない方も多いのではないでしょうか?

部屋を探すときのコツは、「予算に見合った物件と、あるていどの妥協を考える」という点です。

事前に考えておいた事項をすべて満たしているに越したことはないのですが、そうなると時間だけがかかって決められない事態が発生します。

 

「学校や職場までの交通の便が良い」、「近所にスーパーやコンビニがある」、「日当たりが良い」、「予算に見合った物件である」など、あるていど条件を満たしていれば、迷いすぎずにそこに決めましょう。

 

住めば都という言葉もある通り、住み始めると徐々に気に入っていくような物件もあります。

自身で優先事項をいくつか決めておいて、条件に満たす物件を絞っていくと決めやすいと思います。

地域によっては、敷金、礼金の制度が違っていたり、決められた年数で更新料がかかるところもありますので、不明点はあらかじめ不動産会社に確認するようにしましょう。

 

引越しを計画しよう

引越しは思っているよりもハードです。

引越しというと重い荷物を持つので肉体的に疲れるイメージがあるかもしれませんが、それ以上に手続きなど考えなければいけないことが多く精神的に疲れるものです。

 

自身で行わなければいけない事項は一般的なことだけでも下記があります。

  1. 賃貸住宅の契約
  2. 引越し業者の手配
  3. 郵便物の転送手続き
  4. 電気・ガス・水道の移転手続き
  5. 金融機関の手続き
  6. 転入転出届の提出
  7. 運転免許証の住所変更
  8. ご近所へのあいさつ等

流れとしては、新居に住むための賃貸契約後、荷物を運ぶための引越し業者の手配を終えてから、各書類の住所変更などの事務処理を行っていくといいでしょう。

 

ただ厄介なのは、土日は書類の住所変更をするための役所がお休みしているという点です。

学校や職場の日程にもよりますが、できれば引越し後の平日1日はお休みを取っておくと、余裕を持って引越しを終えることができます。

 

すべて一人でやろうとすると大変な労力になりますので、普段から交流のある友人や親が協力してくれるという場合には、お言葉に甘えて協力してもらうと良いですね。

 

また、引越しを手伝ってもらった帰りには食事をご馳走してあげるなどの気遣いがあると、今後も気持ちのいい関係を築けるのではないでしょうか。

 

家具家電をそろえる準備

思い描いていた部屋にするには、ミニマリストでない限り、多くの家具家電が必要になります。

1度に購入して部屋に入れることができれば楽ですが、家具家電は新生活がスタートしてから徐々に購入していくスタイルが現実的だと思います。

 

新生活スタート時には、生活に必須な冷蔵庫、洗濯機、テーブルなどを優先してそろえておくと、スムーズに一人暮らしを始めることができるでしょう。

テレビや電子レンジなど後からでも問題がないものは、休日に1つずつ買い足していけば大丈夫です。

理想的な生活を求めて一気に家具家電をそろえたい気持ちもあるかもしれませんが、必要なものに優先度をつけておくと、ストレスなく新生活を送ることができると思います。

 

まとめ

部屋探し、引っ越しなど新生活をスタートする流れについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

引越しに関しては、賃貸契約と引越し業者の手配をはじめ、必要な手続きが多数ありますので、思っているよりもハードです。

 

あと、思い描いている通りに新生活を始めたい気持ちが強いと、部屋や家具家電などすべてにおいて決められない状況になってしまいますので、あるていどの妥協は必要です。

 

優先度を決めておくことで、後で良いものはあえて後に回すことができるようになりますし、焦って決めるより失敗する可能性は少なくなります。

部屋の住み心地や必要なもの等、新生活をスタートしてからわかることも多数ありますので、生活しやすいようにあとから改善していくと、効率よく快適な生活を送れるはずです。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大9.9万円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2019 AllRights Reserved.