ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

初めての一人暮らしは自炊と知らない土地に慣れるのが大変!

投稿日:

歩いてる男性

一人暮らしを始めるタイミングは、就職で新たな土地へ移った時や学生として親元を離れる時などそれぞれです。

今までは親が面倒を見てくれた掃除や洗濯、食事ですが、一人でこなしていく必要があります。

初めてのことばかりで最初のうちは楽しく生活できるのですが、慣れてきたときが大変です。

誰もがさぼりたくなったり、怠けたりしたいと考え、だらしない生活をしてしまうことも少なくありません。

でも、せっかくの一人暮らしなので、楽しいものにしたいですよね?

一人暮らしを楽しくするコツとしては、生活の基盤をしっかり持つことです。

やることはやる生活。

面倒なことを後回しにせずに、積極的に早い段階で終わらせてしまう感覚を身に着けると、楽しい生活を送ることができるようになるでしょう。

 

生活基盤を整えるまでの苦労

一人暮らしであるていど自由に生活できるようになると、時間にルーズになってしまうことがあります。

実家では、朝の決まった時間帯に親が起こしてくれて朝食まで準備してもらえますが、一人暮らしでは起床から食事まで全て自分一人でやっていかなければいけません。

 

そのため、学校や仕事の日、休日に関わらず決まった時間に目覚ましをセットすると良いです。

朝の貴重な時間帯に早起きすることを心掛けると生活にメリハリができますし、やりたいことをためずに消化できます。

 

ただ、睡眠を削ってまでも早起きをする必要はありません。

人間1日6時間〜7時間の睡眠がちょうどいいと言われているので、理想は夜23時までに寝ること。

朝は6時までに起床することです。

 

生活スタイルやその日の体調によって、必要な睡眠時間は異なりますので自身に合っている睡眠時間を見つけ出すことが重要です。

朝が苦手、2度寝してしまう等最初は苦労すると思いますが、朝型生活を身に着けることで充実した毎日を送ることができるようになります。

 

見知らぬ土地に慣れるまでの苦労

慣れ親しんだ土地とは違い、新たな環境での生活は不便に感じることが多いです。

街を歩いてもどこに何の店があるのか分かりませんし、どんな人が生活しているか分かりません。

最初のうちは精神的に疲れてしまうこともあるかもしれませんが、慣れの問題ですので、この点は時間が経てば解消できます。

ホームシックにかかる原因の多くはこの部分にあります。

 

早い段階で慣れるためのコツとしては、よく行くお店を持っておくことです。

いつも通うスーパー、毎日買い物に行くコンビニ等、決まったお店に行くことによって、顔なじみの店員や人とのふれあいも出てきます。

その地域に古くからある飲食店や定食屋があれば、積極的に通うことで親しみも出てくるので、最初のうちだからこそ家の外に出て街をぶらぶらしてみるのも良いでしょう。

 

食事に困らないために

一人暮らしの食事において一番重要なことは自炊を心掛けることです。

外食も良いのですが、お金もかかりますし、いざということに家に食べ物がない状態になると困ってしまいます。

自炊と言ってもそんなに難しいものを想像する必要はありません。

お米を炊いて、ちょっとした炒め物ができれば十分でしょう。

 

お米については、1度に3合(約5食分)を炊いて冷凍保存することをお勧めします。

時間のあるときに冷凍庫にストックできますし、食べたいときにはレンジで4分程温めるだけでほぼ炊き立てに近いご飯を食べることができます。

 

5kgのお米はスーパーで3000円前後で購入できます。

食欲旺盛なスポーツマンでない限り、3日に1回ご飯を炊いても、余裕で1か月はお金に困りませんので、お米を炊いて食べることはコストパフォーマンスが非常に良いです。

 

また、ご飯のおかずとなるものは、納豆、卵、豆腐など安くてお米に合うものが多いです。

豚肉、鶏肉は一人暮らしサイズで販売されているものと野菜を合わせれば、簡単に野菜炒めを作ることも可能。

お米だけ炊いてしまえれば、自炊にもバリエーションが増えます。

 

まとめ

初めての一人暮らしは、生活面、食事面など様々な部分で今までとは違ってうまくいかない部分が出てくるものです。

今まで生活していた土地とは違った風習だったり、その土地独特の環境に戸惑うことも多いかもしれません。

そのため、早い段階で自分の生活スタイルを作ってしまうことが大切です。

 

いつも買い物に行くスーパーや飲食店を持って、顔見知りの店員とコミュニケーションを取るようになれば、自分のペースで生活できていると考えても良いでしょう。

 

それと規則正しい生活を心掛けることも良いです。

早起きして家の周辺を散歩してみてもいいですし、休日に地域のイベントに参加してみることも良いかもしれません。

一人暮らしの食事では、お米が食生活の基本となりますので、お米を炊いて冷凍庫へストックすることと便利です。

お米さえあれば用意するおかずにもバリエーションがでますので、健康的な食生活を送ることができます。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大10万3千円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2018 AllRights Reserved.