ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

一人暮らしで辛いのは体調不調のとき。健康への準備で不安は解消できる!

投稿日:

初めて一人暮らしをするにあたり、お金や防犯など心配事はつきものです。

そんな中でも一番厄介なのが健康問題です。

病気や怪我をしてもすぐに助けてくれる家族がいないため、自分の力で困難を乗り切らなくてはいけない場面もあります。

ですが、しっかりと対処を考えておけば、何も怖いことはありません。

それに健康問題が起きないように日頃から気をつけるべきポイントもたくさんあるので、いっしょに見ていきましょう。

 

事前にできること

問題が起きる前にあらかじめ準備をしておくことで、かなり負担を減らすことができます。

 

かかりつけ医は強い味方

まず最低限必要な物として、健康保険証があります。

常にお財布に忍ばせておき、有効期限を把握しておきましょう。

これがないと、病気や怪我のときに必要以上の負担がのしかかってしまいます。

かかりつけ医(ホームドクターと呼ばれることもあります)とは、基本的な健康へのアドバイスや初期の病気の治療を行ってくれる身近なお医者さんです。

 

普段から利用するかかりつけ医をつくることは日々の健康にも、問題が起きたときにもとても心強い味方となります。

高熱が出た、おなかが痛い、そんな状態になってから病院を探して地図片手に訪問し、問診票を記入し、検査を受けてから診察となると、病気の時にはとてもしんどいものです。

日頃から行き慣れている病院ならば、受診の手続きや診察の手順がわかっていますから、余計な不安がなくなります。

さらに、かかりつけの病院ならあなたの基礎的な診療記録を持っていますから、余計な検査を一から受けることもないでしょう。

 

自分ひとりで準備できること

ここでは医者にかかるまでもなく、用意しておくと便利なものを紹介します。

 

常備薬

体調が悪いけど病院に行くまでではない、といったときに役に立ちます。

病院に掛かるまでの間の取りあえずの対処にも有効ですね。

本格的な物を揃えなくてもいいので、痛み止め、胃腸薬、かゆみ止めぐらいは買っておきましょう。

 

体温計

客観的に数値として表れるので、体調を正しく認識するのに役立ちます。

「もしかしたら熱があるかもしれない」と思うのと、「体温計で計ったら38.0℃だった」と分かるのとでは大きな違いです。

病院に行く判断材料にもなりますし、心理面でも落ち着きます。

 

体重計

体重計も日々の健康を管理する上でとても優秀な道具です。

体の不調は体重に現れることが多く、貴重な情報になります。

「急に体重が増えた」「何もしていないのに体重が減っていく」体重計がなければこういったことに気づくのが遅れてしまいますね。

 

日頃から気をつけること

日々を健康に過ごすために最も重要なのが食事と睡眠です。

多くの病気はこのどちらか、または両方をおろそかにする事が原因となります。

 

食事が体を作る

あなたの体は、あなたの食べた物からできています。

そして、人間の体はさまざまな栄養素から作られているのです。

理想的な食事とは、バランスよく栄養素が取れているかどうかで決まります。

好きなものばかり食べているとどんどん偏っていってしまい、それは体への変調として表れてきます。

 

外食中心、コンビニやスーパーのお弁当ばかり

そんな人でも少し気をつけるだけでバランスの取れた食事は可能です。

「昨日は肉を食べたから今日は魚」、「お昼は野菜がないメニューだったから夜は野菜中心」。

こういったことを心がけるだけでもだいぶ変わってきます。

最近は健康に気を使ったお弁当があったり、単品のサラダの種類も豊富だったりして、コンビにもなかなか侮れません。

 

それでもどうしても偏ってしまうのなら、サプリメント(栄養補助食品)を使ってみましょう。

自分の食事を振り返ってみて、「この栄養素が足りてなんじゃないか?」と思ったものを飲むだけです。

たとえば野菜不足だと感じるなら、マルチビタミンが外食1、2食分の値段で30日分〜60日分が買えます。

 

睡眠は体を回復させる手段

もうひとつ忘れてはいけないのが睡眠です。

人間は6時間〜8時間の睡眠が必要だといわれています。

一日の1/4〜1/3の時間です。

睡眠中に体は消耗した体力を回復したり、日中働いた内臓を休ませたりしています。

睡眠時間が足りないと体が少しずつジワジワとダメージを受け、体力の低下は免疫力の低下へ繋がりますし、内臓のダメージは消化不良になったり栄養をうまく摂取できなくなったりします。

日中ボーっとしたり、眠くなったり、集中できなかったりも睡眠不足の症状ですが、健康にも悪いです。

 

さいごに

備えあれば憂いなしです。

問題が起きる前に対処法を知り、事前に準備しておきましょう。

一人暮らしは自由ではありますが、その分自己管理を怠ると痛い目を見ることになります。

 

そして、日頃から体のことを気遣うことが大切です。

ニキビ、肌荒れ、口内炎、便秘などなど、体調不良は休息が必要なサインです。

なにかが足りなかったり偏ったりしてる証拠ですね。

一人暮らしはせっかくの自由な生活ですので、健康問題をやっつけて存分に楽しみましょう。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大9.9万円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2019 AllRights Reserved.