ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

フリーター、ニートで一人暮らし!生活費はどれだけ節約すればいい?

投稿日:

空を見上げる男性

就職せずにフリーターで生活していく人も珍しくなくなりました。

ただフリーターで生活していけるのは親と同居しているからで、一人暮らしでは難しいと思っている人も多いでしょう。

たしかに大変ですが、工夫すれば生活はできます。

この記事ではフリーター(ニート)で一人暮らしするには、いくら稼いで、どれだけ生活費を節約すればいいかを見ていきます。

節約の工夫も書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

私の実体験込みです。

 

フリーターでいくら稼げるの?

フリーターの平均年収は、統計上、示されているわけではありません。

ただし、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、非正規雇用の200万円以下の割合が非正規雇用全体の70%であることから、フリーターの平均年収も200万円以下だといえるでしょう。

年収200万だとすると、月収17万円ぐらいです。

 

フリーターは時給で計算できますので、時給1000円で月160時間働いて16万円です。

時給1000円で働いてこの額ですから、それ以下の時給では年収200万円稼ぐのも難しいといえます。

 

あとは時間で160時間以上働くのが難しいのなら、時給を上げる方法しかありません。

時給1200円、時給1500円のアルバイトを探して働くことで収入も上がります。

私は塾でアルバイトをしていたので、月25万円ぐらい稼げました。

これは時給が2500円と高かったためです。

 

生活費はいくらぐらいかかるの?

一人暮らしをする際に、生活費はいくらぐらいかかるのか気になりますよね。

生活費は住む場所によって違いますので、いくらかかると断言することはできませんが、私が一人暮らしをしていてかかった生活費をご紹介します。

 

住んでいた場所は東京都練馬区で、家賃は55000円でした。

ワンルームのアパートでとてもせまく、駅からも15分ほど歩かなければいけなかったのですが、東京ではこれでも安いほうでしょう。

食費は3万円程度で、1日1000円で抑えることを目指していました。

光熱費は10000円ぐらいで、ただ夏になると冷房を使うのでもう少し高くなりました。

通信費はネットと携帯を合わせて20000円ぐらいかかりました。

それ以外に消耗品などで月10000円程度。

合計すると、1ヶ月で125000円です。

 

他にも本を買ったり友達と遊んだりすると、2万、3万と余計に費用がかかってしまいます。

つまり、余裕を持って15万円ほどあれば生活できるというわけです。

これなら月収200万円程度でも生活できますよね。

 

生活費で節約できるのは何?

フリーターとして生活していく場合、収入を増やすか生活費を削るしかありません。

収入を増やすには、時給を上げる、もっと働く時間を増やす必要があり、それも限界があります。

しかし、生活費を節約すれば収入を増やす必要はありません。

生活費は安ければ安いほど楽になるはずです。

ここでは生活費を節約する方法をご紹介します。

 

住む場所を考える(家賃)

まず生活費を下げるには家賃を下げるのが一番です。

先程55000円と言いましたが、住む場所や住むアパートを選べばさらに生活費を下げられます。

たとえば私は埼玉県にも住んでいましたが、家賃は30000円でした。

 

また、風呂なしトイレ共同のアパートだと15000円で借りられるところもあります。

「風呂なしトイレ共同のアパートはちょっと」と思う人は住む場所を変えて、より家賃が低い場所を選ぶのが良いでしょう。

東京や関東首都圏は家賃がかなり高いので、おもいきって住み慣れた都道府県を離れるのも有効かもしれません。

 

遅い時間のスーパーを狙う(食費)

生活費の中で節約できるものとして、食費が上げられます。

食費を削るには自炊をするのがひとつの手ですが、まずは食材を安く手に入れることが大切です。

遅い時間のスーパーに行くと安い値段で食材が手に入ります。

また自炊しなくても弁当が半額になっていることもあるので、そちらを買っても食費は安く済みます。

住む場所を決めたら近くのスーパーの値段を確認しておきましょう。

 

格安SIMを使う

一人暮らしをしていて携帯は手離せないですよね。

でも携帯料金は高いです。

そこで格安SIMを利用すると、かかる料金は月1000円ほどになる場合もあるので、大変お得です。

 

まとめ

フリーターで一人暮らしをするのは大変ですが、工夫すれば一人暮らしも可能です。

1ヶ月の生活費と収入をよく考えて、住む場所を決めて生活を始めるようにしましょう。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大9.9万円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2019 AllRights Reserved.