ひとりぐらし

一人暮らしの悩みを解決するサイトです。

未分類

はじめての一人暮らし。部屋の条件はどう選ぶ?

投稿日:

はじめて一人暮らしをするとき、部屋選びはとても迷います。

物件は選り好みしなければたくさんあるため、どこに住むべきかを決めることは難しいです。

そして家はそう簡単に変えることができないために、自分のなかで「ここは譲れない!」という条件を決めておくと後悔が少なくてすみます。

そんな条件のうち、よくある共通ポイントを僕の優先度順で紹介します。

あなたにとってどれが大切か考えてみてください。

 

部屋の家賃

大切さ:★★★

やはり家賃が住まいを選ぶうえでの大きな基準になります。

家賃は場所や条件によってかなり大きく変わり、一般的には乗り換えが多く利用客の多い路線、山手線の内側などでは高い傾向にあります。

駅からの距離も大きく影響します。

 

家賃をいくらまで出すかは人によって判断が分かれますが、だいたい収入の30%くらいが適正と言われます。

しかし貯金することなどを念頭に置くなら、25%以下程度にしておかないとかなり節約に気を配らなければならなくなりそうです。

 

一人暮らしを始めるには、敷金や礼金に加えて引っ越し代など初期費用がかかってしまうので、家賃は慎重に決めたいです。

 

家賃は継続して払わないといけない固定費で、下がることはまずありません。

食費などと異なり工夫や努力で削ることができないため、余裕をもって自分がいくら出せるかの上限を決めておくことが大切です。

 

物件の立地

大切さ:★★★

家がどのような場所に建っていて、周辺がどんな環境であるかはとても大事です。

車を持っていないのであれば、駅が家から遠いと天気が悪い時などに不便です。

それと周辺の施設も大切で、コンビニ、スーパー、飲食店、病院などがあるといいでしょうね。

その他にも本屋やDVDショップ、図書館、ホームセンター、市役所なども近くにあればなお便利になります。

 

家が線路や大通りの近くだと夜中の騒音や振動が気になるかもしれません。

周辺地域の治安もとくに女性は大切なのでチェックしておいた方が良いです。

 

あと実際に住み始めないとわかりにくいですが、通勤通学の時間帯の電車や道路の込み具合なども調べておくと済んでからの後悔が少なくてすみます。

理想の条件をあげていくとキリがないですが、できるだけ良い条件がかみ合う場所を選びましょう。

 

部屋の広さ

大切さ:★★☆

一人暮らしの家で快適に過ごすためには、部屋の広さは重要です。

荷物をどれほど持ち込むか、友達や恋人をなんども家に連れてくるのかによっても変わってきますし、家の内覧のときには広く見えても、家具家電を置くと意外と狭くなってしまいます。

クローゼットの有無や広さをふまえて、持ち物すべてを配置した時のイメージを想い描くといいでしょう。

 

物件の古さ

大切さ:★★☆

築年数は家賃にも大きく影響します。

基本的には築年数が古いほど家賃の価格は安くなりますが、新しい家のほうが住みやすいです。

部屋がきれいなことに加えて、エアコンや給湯器など設備の性能がいいです。

それに防音や断熱性にも優れていて、より快適に過ごせます。

 

あたらしい物件ほど家賃は高くなりますが、長く住むことを考えると部屋の快適さは大事なので、支払える金額と、どこまで部屋への快適さを求めるかがポイントです。

とくに家にいる時間が長いインドア派は考慮しておきたい点です。

 

部屋の日当たり、風通し

大切さ:★☆☆

日当たりや風通しの良さも生活の質を考えるととても大事です。

日当たりや風通しが悪いと洗濯物が乾きづらいのに加えて、カビが生えやすいので衛生的にも悪いです。

それに部屋が明るいと気持ちがいいので、自然と活動的になります。

窓の向きや周辺に建物がないかなどを確認し、できれば一日の日照時間なども調べるといいでしょう。

 

部屋の階数

大切さ:★☆☆

アパートやマンションの場合は階数も考慮したい点です。

1階だとフロアを上がる必要がなく楽で、家賃も安い傾向にあります。

しかし防犯面では悪いとされ、女性の一人暮らしには向いてないかもしれません。

エレベーターの有無や機能も確認しておくといいですね。

 

その他

ほかにはバスとトイレが別々かどうか、お風呂に追い炊き機能がついているか、トイレの清潔さ、キッチンの広さも快適度にかなり影響します。

設備を追及すると立地や家賃の折り合いがつかなくなる可能性もありますが、生活することを考えてできるだけ良い条件にしたいところです。

 

終わりに

はじめて一人暮らしをする方へ向け、部屋選びの基準を優先度をつけながら紹介しました。

どの家も一長一短であるので、最初はかなり迷ってしまうと思います。

貯金、収入、ライフスタイルから家賃の上限を決めて、その範囲内で優先順位の高い条件を満たす物件を探せば、素敵な部屋にたどり着けるはずです。

住環境は生活の質に大きく関わるので、今回あげた基準を参考にしながら理想的な住まいを見つけてくださいね。

一人暮らし向け、おすすめのネット不動産屋ランキング!

1位 イエプラ

チャットで部屋探しできるサービスです。

希望条件を選択するだけで60秒以内にチャットがスタートし、厳選された部屋をプロが紹介してくれます。

深夜12時までやってるので、不動産屋さんが閉まった後でも利用できるのは嬉しいですね。

仕事が忙しくて時間がない人、不動産屋さんに行くのが面倒な人、手っ取り早くプロの提案を受けたい人に最適です。

完全無料なので利用しないともったいですよ。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪が対応範囲なので、該当する方はぜひ試してみてください。


2位 door賃貸

お祝い金がもらえる賃貸情報サイトです。

大手7つのサイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の情報をまとめて検索可能で、なんと全国500万件の物件があります。

入居が決まると最大9.9万円のお祝い金がもらえるのも嬉しいポイントですね。


3位 キャッシュバック賃貸

入居が決まると引越し祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

お祝い金は最大10万円。

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブルなど、約600万件の物件情報をまとめて検索できます。

-未分類

Copyright© ひとりぐらし , 2019 AllRights Reserved.